睡眠薬入手方法

睡眠薬入手方法

睡眠薬入手マニュアルというのがこのサイトの一番人気記事です。

>>睡眠薬入手マニュアルはこちら<<

しかしまぁそれ以外にもダラダラ色々書いてますので楽しんでって下さい。
(楽しいかどうかは知らないけど)

ポケットの中に睡眠薬がひとつ。
反対のポケットにはED治療薬がひとつ。

とかく色々言われがちですが、人に迷惑さえかけなければいいんじゃね?と思いませんか?
僕は思いませんが…。

嘘です。

人生は楽しむためのもの。

異論はあるでしょうが、異論も出ない意見ほどつまらないものはないとも言うでしょう?

言いませんか?そうですか。

 

 以下の画像クリックで詳細が見れます 

 


ロゼレム8mg (Rozerem)

 

睡眠薬を簡単な入手方法 個人輸入の意味

睡眠薬を個人輸入で入手するというのはある程度リスクのあることです。デメリットは医師の指導を受けられないことでしょう。自己責任ということになります。

しかし、実際クリニックに行って不眠の相談が出来る人というのは限られています。

まず、平日の休みがあること。

多くのクリニックや外来は日祝が休みですから、平日に休むか早退をしないと診察を受けることが出来ません。しかしちょっと眠れないくらいで休める人なんてそんなに多くないはずです。

多くの日本人が我慢して働いているのでしょう。なぜなら

男性の37.7%、女性の43.0%が睡眠の質に満足していない

平成25年 国民健康・栄養調査

という結果が出ているからです。現代人の生活は夜型になり、睡眠の問題は多くの人が感じていると言われています。

にも関わらず、相談窓口が圧倒的に少ないという現状になっています。

そういう状況の中で個人輸入を利用して睡眠薬(処方約)を入手出来ることはメリットとして考えられるんじゃないでしょうか。

個人輸入と行っても、クレジットカードを使って買い物をするだけの感覚です(海外からなので到着には多少の日数がかかる)。

もちろん、すべての睡眠薬が個人輸入可能なわけではありません。
依存性の高いベンゾジアゼピン系睡眠薬などはほぼ全てが個人輸入であっても禁止されています。

逆に言えば処方薬の中で比較的安全な睡眠薬や抗不安薬だけが個人輸入可能なのです。

もちろん、簡単な個人輸入を安易に推奨するわけではありませんが、睡眠のトラブルを抱えた人の助けにはなるんじゃないでしょうか。

※睡眠薬の入手方法があまり簡単だと色んな問題がおきますから今くらいの感じでちょうどいいんじゃないかと思います。個人輸入を使った入手方法がそんなに広く知られるとは思えませんし…。

※だからこそ、これらの方法で入手した睡眠薬の使い方には気をつけて欲しいと思います。変な使い方をしてネットで炎上→全面禁止の措置がとられれば、この方法で睡眠薬を入手している全ての人に迷惑がかかるのですから。