Archive for the ‘ドロドロの本’ Category

金襴緞子 久保芳美

日曜日, 7月 1st, 2012

japanese darkness
(photo by mojolovich)

久保芳美さんという歌人兼主婦の方と少し交流させてもらっている。
最初はそれと知らずにいたのだけれども、歌集を読ませていただいて僕はひっくり返った。
それから、湿布薬を探して首の後ろに苦労して貼付し、もう一度座り直して読んだ。

「金襴緞子」ヤバかった。短歌ヤバい。

「頑丈な紐をこっちに持ってこいバラバラばらける腹を括るぞ」

「夜の角(かど)体育座りの悲しみがばっちいシャツをやっとこ脱いだ」

「ぴろぴろの薄いレンズを眼にいれるああ人々は輪郭をもつ」

「自己中な回転技でフィニッシュし審査結果は退場処分」

適当にめくっただけでバシュンバシュンと頭蓋にすがすがしい弾丸が撃ち込まれる。
あらゆる言葉の自由さを駆使して、彼女の歌はこちらに飛んでくる。
(俳句や短歌という短い詩は文字通り飛んでくる感じがする)

彼女の短歌は湿り気を排除しているようで、しかしでも湿り気を嫌うという感情も詠んじゃうという戦法をとっており、これはつまり、彼女は湿り気を肯定していて、結局、自分の見てる世界を全て肯定していることに繋がると思う。
と言ってそれは通常、生半可では出来ることではない。
それは多くの人が詩を書くと、自己否定と刹那主義の塊か、
あるいは80年代のラブソングみたいなことしか書けないことからも明らかである。

主婦をしながらこんな風に世界を新しくしてる人がいる。凄い。

「眼の前に便と一緒にぶりぶりと腹から出した子供らがいる」

思春期にこの歌と同じ意味のことを母から言われました。イェイ、生きてる。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

(第四回日本短歌協会賞受賞作品)

ユリイカ 現代俳句の新しい波 魂の一行詩報告

土曜日, 5月 19th, 2012

nirvana
(photo by mojolovich)

ユリイカ―現代俳句の新しい波―を買う。
内容的には易しかったり難しかったり。
それでも勉強になった。
ギターを始めた頃、楽器の雑誌を見てもチンプンカンプンだったけれど、
続けているうちに知識と知識が繋がって、膨らんでいくことっていうのはあるものだ。
学校を卒業してからの方が、現代国語面白い。

俳句―魂の一行詩―を始めてから、
・歳時記から美しい言葉を知ることが出来た。
・空白の時間がなくなった(想像力の旅はいつでもどこでも可能である)。
・自分がどのような指向を持つか、後から客観的に見ることができるようになった。
・実体験の強さを信じるようになった。
ついこの間から始めたものだけれど、少しずつ変化する。深く深く。

【送料無料】ユリイカ(第43巻第11号)

【送料無料】ユリイカ(第43巻第11号)
価格:1,300円(税込、送料別)

#####以下報告
雷も幽霊も夜も猫のもの

雷(らい)の音呼吸を忘れた犬は死ぬ

みんな寝たんで蝸牛(かたつむり)の顔真似

どのような拘束具であれ揚羽(あげは)舞う

明易(あけやす)し寝床で青の歌を聞く

寝冷子(ねびえご)の嘔吐この手にぬくくあり

まだ青き尻にはびこる汗疹(あせも)憎し

くだるとかくだらないとか水中り(みずあたり)

蛇が押す陰陽(いんやん)くるくる回りけり

夏雲を吸い込みて夜子ら膨らむ

五月闇人である必要はなし

悪霊はにらめっこ弱し俺の勝ち

逃避行あのコは夏の秘密基地

三十年いまだ天道虫(てんとうむし)空へ

真夜中を横切る蝿が黒く燃ゆ

西日射す鴨居(かもい)に吊されたる夫人

出目金を入れた次の日赤が死ぬ

にほんブログ村 ポエムブログ 一行詩へ
にほんブログ村

中島らも 全ての常習者へ

土曜日, 11月 20th, 2010

2010111026

わたくしがこのように頭の変わった人になってしまったわけは、中島らものせいだ。
彼のせいでわたくしはブロンを飲んだり、幻覚剤をキメたり、睡眠薬に溺れたりと忙しくなった。
わたくしは、らもさん(愛を込めてらもさんと呼ぶ)に出会ってから変わってしまった。
わたくしの人生はらも前とらも後にわけられる。

らもさんは、
全ての組織に反逆、そして敗北。
しかる後にそれを笑い飛ばすという行為のできる人だった。異常者だった。
アルコールやブロンやその他様々の薬物を摂取しながら、らもさんは面白い本を沢山書いて、死んだ。
階段から落ちて死んだ。
わたくしはそれを聞いて、くくくと笑ってしまった。

ブログを立ち上げたのもらもさんの影響が大きい。
らもさんはエッセイの中で爆発する。
わたくしの魂は深夜に爆発する。
みなさんの魂はどこで爆発する?

#####
日本における、究極のドラッグ本。

アマニタ・パンセリナ

アマニタ・パンセリナ

価格:480円(税込、送料別)

恋を最も美しい病気とする。究極の恋愛エッセイ。

名作。

楽園から地獄へ

木曜日, 7月 1st, 2010

ザ・ロード。
文庫化されてた。しかも映画にもなってた。
色彩のなさ加減がどう映像化されているのか気になるところ。
原風景を呼んだ詩のような世界。
想像ではもっと子供は小さい気がする。

僕達男の子は父親とともに不毛の地を歩き、教わり、次に伝えるべくして生きているのかも知れない。
そうでないのかもしれないけれど、贈り物は深く、重く、抗えない。

マイロは見ている。
わたしは風邪。

ザ・ロード (ハヤカワepi文庫)
コーマック・マッカーシー 黒原敏行
4151200606

the road

月曜日, 6月 28th, 2010

息子が6歳になった。この本はとても滲みる。

######
灰色の廃墟の街をパパと少年がトボトボ歩いている。
押しているカートの車輪が外れかけている。
南へ行かなければ、寒くて死んでしまう。
時折出会う人間といえば人食いで生き延びていて、少年の母親は発狂して自殺してしまった。
滅亡後の世界。
それでも、パパは少年の裸足の足を自分の腹で押し付けて暖め、少年を喰らおうとした奴を殺す。
少年と言えばボロボロの老人に食べ物を与えたり、去っていく犬を連れて行きたいとねだる。
パパは少年を抱きしめる。

お前は俺の心だ。
ねぇ、ぼくたちはいいものだよね?
ああ、いいものだ。
誰も食べない?
誰も食べない。
お腹がすいても?
お腹がすいてもだ。
いいものだからだね?
そうだ。

二人の会話が灰色の空に滲む。
生きることに意味がなくなってしまった世界でも、
パパは全てを少年に注ぎ込もうとする。

ザ・ロード
コーマック・マッカーシー 黒原敏行
4152089261
#####
ジャケットも完成!
100624_wooormz_single_01
100624_wooormz_single_01 posted by (C)mojo
eggman
DSF
キラキラ星
聴いたら感想を書き込んで欲しいのココロ。

月曜日, 3月 8th, 2010

baby-dolphin

わたしは坊を待っていた。
坊とはつい先日まで飼育していた桜文鳥で、
放しても逃げずに家の前の電柱に賢くとまっている。
暇が出来ると坊とは謡いをやったり、雲を眺めたりと楽しく遊んでいたものだった。
その坊がここ数日姿を見せぬのだ。

舞魯(まいろ)に話してみたが、
「君の調子はコロコロと変わって、これではアクセスは望めないよ」
ととりつくしまもない。

わたしは「久しぶりに大いに遊ぼうではないか?」と風の便りに書いて送った。
返事は果たしてつれなかった。
「鳥界の上役に大変重要な任務を頂戴してとても忙しいゆえ、しばしお待ち下さいませんか?」

なんだ、坊もすっかり立派になったのだなぁと嬉しい気持ちと打ち震えるような寂しさが込み上げてきた。

綺麗なカナリヤでも、可愛らしい十姉妹でもない、ほんのりと優雅に色をつけた桜文鳥の坊。
電柱を眺めて坊が帰ってきていないかを確認するのが毎朝のわたしの行事である。

#####
最近、読んだ本
シュガーダーク 埋められた闇と少女 (角川スニーカー文庫)
mebae
4044748047

ぼっけえ、きょうてえ (角川ホラー文庫)
4043596014

家守綺譚 (新潮文庫)
4101253374

裏庭

土曜日, 2月 27th, 2010

裏庭 (新潮文庫)
4101253315

マイロはコロウプ達に話を聞いていた。

代々の庭師が育て、そして荒れ果てる裏庭の話を。
「しかし、人間が生を受けて死ぬまでの間、前庭なんていつだってただの玄関なのじゃ。裏庭こそが生活の根源だと思わないかね」
聡明な光を称えた瞳でコロウプは言った。
僕は救われたような温かい涙を流してその言葉を耳に流し込んだ。

そのコロウプは忠告していた。
「癒しとは傷を持つものには麻薬のようなものじゃ。さほど簡便に心地よい筈がない。傷は生きておるのじゃ」
僕はその言葉をこぼれないように両手でしっかりと掬い上げて飲み干した。

ああ、これで僕は大丈夫なのだと思った。
マイロはトンガリ帽子を被ったままで「ここに来て良かっただろ?」と言った。
僕は深く頷いた。

貴方のシロップ

月曜日, 12月 21st, 2009

090811_0149

<簡単、安全に素晴らしい快感が得られます。>
シナシロップはラブドラッグとしてヨーロッパのセレブ達にも大人気。
「半信半疑だったけど、彼がどうしてもって言うから使ってみたの。彼の体とわたしの体が溶けていくのを感じたわ。本当の意味で一つになれた。それからは毎回使ってるわ。」

シナシロップはアダルトショップでコッソリ売られている。広告を見るとラブドラッグのようだけど、本当はヨーロッパのマッドサイエンティストが開発したただのドラッグ。幻覚作用と多幸感を誘発する。

このような広告に若者達が魅入っている。
大人たちは見ないふりをする。
君子危うきに近寄らずというわけだ。
しかし、大人たちはプルトニウムの扱いには熱心だ。
全くよくわからないんだ人間のことは・・・。

マイロは風呂屋のおやじに愚痴っていた。
「結局のところ誰かがリーダーと書かれた旗を振ってみんなを先導してる。で、そいつの関心は自分の損得だけなんだ」
愚痴ってはいるもののマイロはそういった人間達を興味深く眺めている。

麻薬書簡 再現版 (河出文庫)
William S. Burroughs
4309462987

#####
えろぐ「燃燃」更新
携帯官能サイト「SoulSex」更新

キャンティーンにいた  ダイナー 平山夢明

金曜日, 12月 11th, 2009

ダイナー
4591112012

マイロはキャンティーンという店にいた。
残酷に人を殺す専門家達が唯一癒される場所。ダイナー(アメリカ版定食屋)に。
出される料理は最高級食材ののハンバーガー。
先日からカナコという素人の女性がウェイトレスとして働いている。店長のボンベロの困惑している様子が見て取れる。彼女は何日生きているだろう?
ここは汚物が行き着く最果てだ。
子供と殺してその肝を喰らうような、怪物達の場所なのだから。

今日もカナコは変態どもに遊ばれている。
しかし彼女は俯かずに前を見据えている。
ボンベロは迷惑そうに顔を歪める。

マイロは二人の間の絆というものについて書きとめようとカナコに紙ナプキンを頼んだ。