Archive for the ‘俳句’ Category

頭抱へて白い夏野を抜けられず

月曜日, 5月 26th, 2014

 

どうしても俳句を作ってしまう。

依存しているのだ。

人間はなんにでも依存する。依存していない人間なんていない。

それが良いものか悪いものか、答えはずっと後になるまでわからない。

それでも僕はアナフラニールを齧りながら作り続ける。

 

 

蝶の眼に映らぬ者として眠る

恋猫のじつとしてゐる草野球

弟は蝶と話したかもしれぬ

座布団のてらりと夏の来たりけり

生傷をもちて五月の風の中

黄金週間右眼二重になつてをり

暮春かな水の流れに影のあり

頭抱へて白い夏野を抜けられず

母の日の臨海工業地帯かな

耳たぶを蚊に食はれたり恋したり

父がふと空を掴めばてんとむし

薔薇咲いてごつこ言へばごつこなり

 

 

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

ハイクラブ1月号 空色に着ぶくれ空を見てゐたる

土曜日, 1月 11th, 2014

ハイクラブ最後の投稿は4つ採っていただく。

ひどい精神状態で、やめておこうかとも思ったのだけれど、地野獄美さんに

「落ち込んだ時には落ち込んだ時の良さが出るはずです」

と励ましていただいて投句した。

 

俳句を作り始めた時に僕が大事にしようと思っていた二点を思い出した。

・自分を少し離れてみること。

・目の前のものを一旦まるごと引き受けてみること。

うん、心に風が通った。地野さんありがとう。

 

最後に

佐藤文香さん、一年間ありがとうございました。

#####

文旦のトミカタウンを押し潰す

ポインセチアここから先は痴呆棟

空色に着ぶくれ空を見てゐたる

水洟がアンモナイトに垂れてをり

 

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

ハイクラブ12月号 心臓や天体望遠鏡は冷ゆ

火曜日, 12月 31st, 2013

Starry Night Face Art
今年はいろいろなことが起こった。

起こったのか起こしたのか。たぶんその両方なのだろう。

ここまで来たら、自分に正直にやるしかない。

 

ともかく、ハイクラブ12月号では3句採っていただいた。

心臓や?の句にはコメントも頂けて嬉しかった。

#####

心臓や天体望遠鏡は冷ゆ

ゆく秋の鬼のパンツを脱がしけり

保育所の窓は低けれ秋のくれ

 

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

11月号ハイクラブ 秋澄んでピアノ調律師にも海

火曜日, 12月 3rd, 2013

R0019270_s

(photo by mojolovich)

佐藤文香さん選のハイクラブ。今回は5句とってもらえた。

順位も過去最高だったかもしれない。

 

ステレオの中の空洞小鳥来る

押しピンのななめに刺さる村祭

漢字ドリルの分厚く二百十日過ぐ

秋澄んでピアノ調律師にも海

ロボットの脚の外れて星月夜
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

10月号ハイクラブ 新涼や汚さぬやうに下着脱ぐ

土曜日, 11月 9th, 2013

R0017386_s

(photo by mojolovich)

 

10月号ハイクラブの報告。

今回は大幅に順位が落ちたんだけれど、上位の人達の作品は半端なかった。

以下、掲載句。

新涼や汚さぬやうに下着脱ぐ

夜店より鼠になつて戻り来し

コピー機にひかり溢るる雨月かな

天高し女ジャグラー開脚す

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

9月号ハイクラブ とびうをや愛といふ字は混み合へり

火曜日, 10月 15th, 2013

もう秋だ。

#####
蝉取りに出かけし家のルンバかな
十代の脚はすとんと涼しかり
夏期休業S字フックにぶらさがる
とびうをや愛といふ字は混み合へり
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

8月号ハイクラブ 炎昼の拳で潰す段ボール

土曜日, 8月 31st, 2013

R0019070_s
(photo by mojolovich)
 
8月号のハイクラブでは、四句採っていただいた。

調子は良くないけど、俳句は作り続けている。

それにしても、この夏は忙しかった。

#####

夏痩せてワウワウペダル踏んでをり

炎昼の拳で潰す段ボール

おしぼりやまぶたの裏のみづすまし

八月の児童代表濡れてをり
 
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

7月号ハイクラブ まぶしきはサイハイストッキング首夏

水曜日, 7月 17th, 2013

R0018903_s

(photo by mojolovich)

起きてまづ金魚の水のあとまわし

起きてまづ金魚の水のあとまはし

むぎのあき給湯室に暗躍す

テラスより指鉄砲に狙われし

まぶしきはサイハイストッキング首夏

(7月号ハイクラブより、四句採っていただいた)

『再読波多野爽波』という本に、「自分で手応えのあった句が良い句であったかどうかというのが結果というものである」という波多野爽波の言葉が書いてある。そういう意味で、今回、落ちた句は出したすぐあとに「あ、あれはもう少し考えるべきだった」と思い当たるところがあった。それが結果と一致したというのは多少なりとも僕も上達しているのだろうか・・・。などと思ったりしてまだまだ夏。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

かなぶんが維新の会に激突す

水曜日, 7月 10th, 2013

R0018899_s
(photo by mojolovich)

 

妻に手をあげて鰻の高騰す

片陰を追はれし者の歩みかな

トラックを運ぶトラック蛍の夜

ひまはりの中が省略されてをり

アジシオの瓶で螢を飼つてゐる

十代の脚はすとんと涼しかり

カニカマを食はぬ男でありにけり

 

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

夏空や猿手の少女駆けて来し

金曜日, 7月 5th, 2013

20130623_5
(photo by mojolovich)

夏空や猿手の少女駆けて来し

時の日の欠伸をひとつ噛み殺す

妻の血を蒼く思ひぬ洗ひ髪

天下茶屋過ぎし背中に夏の蝶

あぢさゐがバラバラにして置かれあり

水虫を週に一度は見せらるる

あの保母は腋の汗まで美しき

経営に問題のあるも緑濃し

時の日やおもちゃの箱は動かさず

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村