Archive for the ‘1)■■■■■■日記’ Category

光と影とヒカリトカゲと

火曜日, 2月 7th, 2017

光と影とヒカリトカゲと

光と影と
ヒカリトカゲと

なんにも考えずにキーボードを打つことは案外楽しい。

いつ撮ったのかもわからない写真を添えて…。

生きてるぜ

火曜日, 12月 27th, 2016

 

安心して下さい。

僕は生(なま)きてますよ。

存在に耐えろよ

金曜日, 9月 11th, 2015

red
erin m via Compfight

元少年Aこと酒鬼薔薇聖斗が「存在の耐えられない透明さ」というホームページを公開したけど、

そのタイトルなんとかなんなかったのかよ?って思う。

別に俺は彼の罪に対してどうこう難しいこと言うつもりはなく、

ひでぇことしたなぁと思うってレベルだけど、

スクールカースト最下層だの、

存在の悲鳴だの、

透明だの、

そんなもんはあれだ。

感謝系ヒップホップとか人生説教ソングと同じだ。

絶望ソングも説教ソングも似てる。

投影してもらってなんぼの世界だ。

でも俺が思うにスマートに上手くやってる奴ってのは投影なんてしない。

カリスマも求めてない。

そういう人たちにとってそういうのは、ただうるさいだけだ。

 

多くの人はガムのように歌を歌う。

気が向いたら口に放り込んで、味がなくなったら捨てる。

なくなったらコンビニで買ってくる。

広い意味での良いポップソングっていうのはそういうことだろう。

 

思うんだけど、人間一人の存在にたいして意味なんてないんだよ。

価値や存在を認めてくれるのは自分+数人だけ。

それだっってしっかりやるには結構しんどい。

 

メディアに出てる人の影響力はそりゃ大きいかも知れないけど、結局あれは虚像だ。

自分の中で組み上げたイメージを売るのが上手だってだけで、人間の底なんてよっぽど近くに行かなきゃわかんないだろう。トイレの中でどんな顔して糞してるかってのを生で見せっこしない限り、本当の信頼なんて生まれない。

あれは認められてるんじゃなくてただのよく出来た売り物なんだよ。

 

これはまぁ、良いとか悪いとかの話じゃなくって、需要と供給、バランス、つまりはただの仕組みの話。

地に足をつけて生きるってのは、なかなか難しいよな。

ハルシオンで酔う

土曜日, 7月 18th, 2015

2560-1600-140860_s

ひさしぶりにハルシオンを飲んで本を読む。

翌朝、どこまで読んだのかわからなくなっている。

わかっているのは地球が丸いってことくらい。

いや、それすら見たわけじゃない。丸いかどうかはわかんない。

なにもかも受け売りだ。

でも大丈夫、どこまで読んだかわかんなくなったらまた最初から読めばいい。

死ぬまでにはもう少し時間がある。

それまではせめて甘い匂いを吸い込んでいよう。



エリミン

日曜日, 11月 30th, 2014

戸棚を整理しているとエリミンが大量に出てきた。

ずっと昔に自分が隠して忘れていたのだろう。今はそれを飲む気力も捨てる気力もどっちもない。

数年前の夏の日を思い出す。

息子にカブトムシをとらせてやるつもりで夜中から車で走った。

数時間かけて着いたのだけれど、森の中は薄暗く、息子はただただ不安そうだった。

一匹でも見つかれば、元気になるだろうと張り切ったが一匹も見つからなかった。

突然、激しい雨が降り始めた。

雨具を持ってきてなくて、出来るだけ葉の茂った木の下に入って息子を抱きしめたが、雨は遠慮なく二人を打ち続けた。帰りの車の中で息子は嘔吐を繰り返した。

俺は何にも出来なかったし、今も出来ていないし、これからも出来ないだろう。

別に何かしなければならないというわけではないが、そういうことがどうしようもなく悲しく思えて仕方ない時がある。

もちろん、毎度のことだ。

 

ぐるぐるな話

火曜日, 6月 17th, 2014

 

寝つきが悪い日が続いている。真夜中に起きて煙草を吸っていると、あれ?と思う。

俺は抗不安薬を飲んでから煙草を吸っているのか?それともこれを吸ってから飲もうと思っているのか?

そんな時は決まって飲むことになる。錠剤を口に放り込み布団へ潜り込む。

寝つけない。

煙草を吸いに行く。

あれ?俺は抗不安薬を飲んでから煙草を吸っているのか?それとも吸ってから飲もうと思っているのか?

そんな時は決まって飲むことになる。錠剤を口に放り込み布団へ潜り込む。

寝つけない。

煙草を吸いに行く。

あれ?俺は抗不安薬を飲んでから煙草を吸っているのか?それとも吸ってから飲もうと思っているのか?

そんな時は決まって飲むことになる。錠剤を口に放り込み布団へ潜り込む。

寝つけない。

煙草を吸いに行く。

あれ?俺は抗不安薬を飲んでから煙草を吸っているのか?それとも吸ってから飲もうと思っているのか?

そんな時は決まって飲むことになる。錠剤を口に放り込み布団へ潜り込む。

寝つけない。

煙草を吸いに行く。

あれ?俺は抗不安薬を飲んでから煙草を吸っているのか?それとも吸ってから飲もうと思っているのか?

そんな時は決まって飲むことになる。錠剤を口に放り込み布団へ潜り込む。

寝つけない。

煙草を吸いに行く。

あれ?俺は抗不安薬を飲んでから煙草を吸っているのか?それとも吸ってから飲もうと思っているのか?

そんな時は決まって飲むことになる。錠剤を口に放り込み布団へ潜り込む。

寝つけない。

煙草を吸いに行く。

あれ?俺は抗不安薬を飲んでから煙草を吸っているのか?それとも吸ってから飲もうと思っているのか?

そんな時は決まって飲むことになる。錠剤を口に放り込み布団へ潜り込む。

 

朝にはもうふらふらである。

 

#####追記
抗不安薬をネットで手に入れたい方は~

通販感覚で購入可能。

▲「抗不安薬」と入れて検索してみて下さい。


びしゃびしゃになる

日曜日, 6月 8th, 2014

紫陽花が咲いている。もう梅雨だ。

雨が降りまくる。

雨が降りまくれば、

街はびしゃびしゃになる。

車はびしゃびしゃになる。

俺もびしゃびしゃになる。

みんなびしゃびしゃになる。

生きていれば雨に濡れなきゃならない。

朝起きたら、感情が擦り切れていた。

出勤すると訃報がひとつ。

俺がどうであろうと、地球は回っているんだなぁなどと思う。

当然のことだけど、いつかは俺も死んじまうんだろう。

死ねばみんなカラカラだ。

それなら、生きてるうちは雨に濡れておくべきなのかもしれない。

 

 

頭抱へて白い夏野を抜けられず

月曜日, 5月 26th, 2014

 

どうしても俳句を作ってしまう。

依存しているのだ。

人間はなんにでも依存する。依存していない人間なんていない。

それが良いものか悪いものか、答えはずっと後になるまでわからない。

それでも僕はアナフラニールを齧りながら作り続ける。

 

 

蝶の眼に映らぬ者として眠る

恋猫のじつとしてゐる草野球

弟は蝶と話したかもしれぬ

座布団のてらりと夏の来たりけり

生傷をもちて五月の風の中

黄金週間右眼二重になつてをり

暮春かな水の流れに影のあり

頭抱へて白い夏野を抜けられず

母の日の臨海工業地帯かな

耳たぶを蚊に食はれたり恋したり

父がふと空を掴めばてんとむし

薔薇咲いてごつこ言へばごつこなり

 

 

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

地球防衛軍的気分

水曜日, 3月 12th, 2014

 

隣のカラオケスナックからの音漏れに不思議な倍音が混じっている。

夜が深くなっていく。

酔っぱらいががなりたてているのに、とても静かだと思う。

地球は夜になるためにまわるんだし、僕のためにまわる。

自分のためにまわっている星だからこそ救いたいと思う。

 

夜が深まるにつれ、

地球防衛軍的気分になって、

 

ただ寝るだけ。

 

そうしていれば、僕の地球はまわり続ける。

ちゃんと確認したことはないけどさ。

二ヶ月ぶりの息子

金曜日, 1月 24th, 2014

 

二カ月ぶりに息子に会った。

何も言わず一直線にしがみついてきた。

一緒に晩飯を食って、風呂に入った。

 

湯船の中で、もう一緒には暮らせないかも知れないことを話した。

息子はうなづいただけで、先に風呂を出て行った。

 

九歳にしては幼すぎるところがあるから、上手く伝わらなかったのか・・・。

もしそうなら彼がわかるまで、そして、わかるように言わなきゃならない。

どこかにそんな方法があるとしたら、できるだけショックを与えないように伝えてやらなきゃ。

そんなことを考えながら頭を洗っていたら視線を感じた。

見ると、扉の隙間から息子が俺を見てた。

 

目には砕けちった心が、きらきらしていた。

息子の顔がだんだんとくしゃくしゃになっていくのを、俺はただずっと見てた。