満月 魂の一行詩

high rise

(photo by mojolovich)

切れ字というものを意識する。しかしながら、これは俳句をしない人達にも伝わるのだろうかとも思ったりする。

とは言え、俳句を全くしらない日本人などいるのだろうかとも思う。まぁ、別にいいんだけどね。

#####

鵙(もず)鳴くやビニール傘の骨曲がる

三日月を覗く大きな目がひとつ

芋虫のなみうつごとく出勤す

いがぐりや血はゆつくりと盛り上がる

行く秋やきゃりーぱみゅぱみゅほど乾き

細胞のぞぞりと動く秋の闇

音楽や電気くらげの裏側へ

気がつけば踊るしかなく踊りをり

貝独楽やアグレッシブにあらんとす

狐目の行き交ふばかり秋の暮

紅葉且つ散るや動きだすミシン

うろこ雲禊(みそぎ)の夜は明けにけり

うろこ雲働く友の遠くあり

秋雨や無人のゲートボール場

秋祭り軒に干したる傘ふたつ

秋晴るる背負うものなどなかりけり

満月や魚類図鑑に遊びをり
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

【送料無料】20週俳句入門新版 ...

【送料無料】20週俳句入門新版 …
価格:1,575円(税込、送料別)

満月 魂の一行詩」への2件のフィードバック

  1. きょう

    お久しぶりですm(._.)m
    ちょっと覗きにきました(*^▽^*)

  2. mojolovich

    きょうさん
    ありがとう。俳句はお嫌いですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です