ロヒプノールが海外で禁止されてる理由

※記事に入る前に
当サイトはむやみに睡眠薬をオススメしてるわけではありません。
睡眠薬には副作用もあります。まずは安全性の高いサプリはいかがでしょうか?
睡眠サプリのサイトを作りましたのでどうぞご利用くださいませ。


ロヒプノールはなぜ海外で禁止されているのか?

20130623_8

(photo by mojolovich)

ロヒプノール(サイレースと同じ)は作用時間は7?8時間くらいの「中間型」の睡眠薬である。

割と日本ではポピュラーに処方されており、僕も飲んでいたことがあるけれど、海外旅行に持っては行けない薬である。

名目上の理由は「依存性があるため」らしいが、

一節によればロヒプノールは水に溶けやすく、変な味も残らないため、それを服用させ、窃盗やレイプなどの犯罪が多発したからとも言われている。

確かにロヒプノールの眠りは気絶したような眠りだったし、ロヒプノールじゃなかったら眠れなかったこともあった。

服用している人はただでさえ海外で不安なのに、

いつもの薬がなくってますます眠れないだろう。

もしくは、現地でもっといいものを手に入れるかw。

ともあれ、今まで日本では悪用されることのなかったロヒプノール。

世界的に見れば、日本人のモラルはまだまだ高い。
今後、どうなるかは知らないけども。

 

睡眠薬をネットで手に入れたい方は~

通販感覚で購入可能。

▲「睡眠ケア」と入れて検索してみて下さい。


Tags:

One Response to “ロヒプノールが海外で禁止されてる理由”

  1. galo.t,yokoyama@gmail.com Says:

    加齢すると、眠るのにも体力(睡眠中の細胞機能回復)を使うので、睡眠が短いのです。
    ロヒプノール(サイレース)が無いと、僕は睡眠不足で頭痛が激しく成り、
    とかレフ(トカレフ?とかぶっ放したく成るんです。

    ともあれ、眠剤は必須です。

    下記は、30年に及ぶ、自作・自演のオリジナル楽曲頁です。
    http://www.geocities.jp/gmidlife/

Leave a Reply