夏空や猿手の少女駆けて来し

20130623_5
(photo by mojolovich)

夏空や猿手の少女駆けて来し

時の日の欠伸をひとつ噛み殺す

妻の血を蒼く思ひぬ洗ひ髪

天下茶屋過ぎし背中に夏の蝶

あぢさゐがバラバラにして置かれあり

水虫を週に一度は見せらるる

あの保母は腋の汗まで美しき

経営に問題のあるも緑濃し

時の日やおもちゃの箱は動かさず

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です