まるで透明

c9b7d444
ジッパー

透明な魂はここにあってそれ以外のどこにもない。
僕は彼女の口で冷たい肉体を温めてもらえればと安らぎを得られるだろうと考えた。
求められることは愛であると思った。しかしマイロに言わせればそれはただの肉でしかなかった。
かといって他の方法は既に死んでいるのだ。

#####
携帯官能サイト
わたしのエログ
更新。小説うp。

#####

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です