サナギ

cacace35

僕は何かのサナギだと思う。
何に変態するかはわからないサナギ。
昆虫はいったんサナギの段階で中身が液状化する。
僕はそのことをサガノヘルマーの漫画で知った。
とても有意義なことを知ったなぁと思う。
僕の中身は液状化している。

ドロドロドロドロドロドロロ。

そして僕は硬い外骨格で自分を虚しく飾る。
グロテスクな様態に人は目を背けることもあるし、喜んで近づいてくることもある。
彼らもまたサナギで一体何になるのかは決まっていない。
僕は彼らの中にボク液を注入することが出来るし彼らはその逆が出来る。
そのたびに僕は何になるかが刻々と変化している。
果たして僕は何色なのか。
水たまりに浮いた油膜のような色なんだろう。
方向によっては、結構キレイな色をしていると思う。

#####
書いたものにホっとするとかメールくれた人。
あなたのために祈ろう。書きますよ。イヒ。
#####
小説「スパズム 6」をUPしました。
はえーだろ?
#####

サナギ」への3件のフィードバック

  1. ぱん陀

    ボク液注入されました。

  2. Shinother

    良いこと知ったなぁ
    きっと僕の中身もドロドロなんだな
    僕はそのドロドロのためにも
    外殻を酷使することを躊躇わないよ

    うふふ

  3. mojolovich 投稿作成者

    > ぱん陀さん
    頭おかしくなるかもよw。

    > Shinotherさん
    みんなドロドロなんでしょうね。
    うふふ。
    怪しく着飾りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です