Posts Tagged ‘映画’

ドラッグストアカウボーイ

水曜日, 6月 27th, 2012

street
(photo by mojolovich)

薦められてガス・ヴァン・サント監督の「ドラッグストアカウボーイ」を観た。

アメリカ郊外の生活を切り抜いていて、薬物中毒者の様子が生々しく描かれている。

麻薬作家W.S.バロウズも強烈なインパクトで登場していて、

粘り気のある小さな声が印象に残った。

バロウズは奇妙な人生に振り回される人々によって、(意思疎通不可能な孤高の存在として)

大事に育てられたアイコンなのかもしれない。

 

人間はなんにでも依存する。依存が激しくなれば、対象がなんであろうが、人生は狂う。

狂わぬ程度にすればいいのだろうけれど、狂わぬ程度の依存は恐らく面白くはないだろう。

みんなが何に依存しているか知らないけれど、ともかく幸運を祈ってる。

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村

ソクーロフ監督 太陽

水曜日, 6月 20th, 2012

train
(photo by mojolovich)

 

薦められてソクーロフというロシア人の監督する映画を観た。
「太陽」という映画は昭和天皇を扱った作品で、昭和天皇が終戦を決意する前後の苦悩を描いたものである。
高感度によるヒリヒリとした暗い映像と、イッセー尾形扮する昭和天皇の呟くような口調、ノイズ混じりの不穏なBGM、静かに進むストーリーが混然となって美しかった。

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村